BGとは?

アテニア

BGはメーク水に幅広く配合されています。生薬メーク水の不具合として、エタノールによる地方による乾燥が多数の人柄から寄せられて立ち上がる。グリセリンやベタインを多めに制作して、攻略できない場合は、エタノールでなく、BGで生薬メーク水を生まれることをお勧めします。
(エタノールで様相がない場合はBGを使う必要はないだ)

1. BGは?

 

BGは1,3-ブチレングリコールにてかなりの数々のコスメティックに保湿剤として使われてある。これはコスメティックのケースに表示している事情をみていただけば分かるでしょう。また、BGは化学結合法で作られますが、経口毒性(食べたときの毒性)はグリセリンにおいて低いだ。

コスメティック以外ではタバコの葉の保湿剤兼抗菌剤として使われてあり、タバコを吸うことは、ついでに気化したBGの湯気を吸っているとも言えるでしょう。コスメティック解消先ほど(2001.4)は植物からのパートタイマースタートの際は、水またはエタノール、そしてBGで抽出することが旧厚生省から義務づけられていて、(ファクター店舗から)コスメティック店舗向けに販売されている植物分け前は、エタノールフリーを文言にするコスメティックが多くなるにつれBG分け前が増えてきました。

例えば、暖簾のコスメティックの執筆事情を見ていただいて、植物分け前が配合されているのにも関わらず、事情公に「エタノール」って書かれていずに「BG」というだけ表示されていたら、そのコスメティックはBG分け前を通じていると判断して下さい。また、原液分け前を顧客向けに販売する店舗もありますが、それらの分け前もBG分け前が多いようです。

2. BGとグリセリンの違い

BGとグリセリンは共にリカーの一種で保湿トライを持っています。

保湿役目自体はグリセリンの方が手強いのですが、BGの方がべたつき辛いという集団を持っています。また、BGはグリセリンとして抗菌性がある要請、40パーセンテージBGで取り出した分け前は半年間写真ができます。ひとまずBGは保香性を持っています。

3. BGの使い方

BGのものはBG40gにおいて水道水60gを与え、そしてこれへ乾燥生薬10gを入れて抽出します。抽出は2週間行います。分け前は粘専属がある要請、コーヒーフィルターで濾すのはきついので、生薬が出着るだけ入らないように構想しながらほかの瓶に移して下さい。

BG分け前はそれ自体が保湿力を持っているので、乾燥肌でなければ水やウーロン茶で薄めるだけでよいです。仮に、物足りない場合はグリセリンやベタインを加えて下さい。

なお、BG40gからBG分け前が100gできて、BG分け前を20パーセンテージに薄めてメーク水にするなら、BG分け前100gからメーク水が500g調べることができます。つまり、BG40gからメーク水500g組み立てることができます。

また、市販のコスメティックにはノーマル5~10百分率含まれていて、益々40パーセンテージも配合されている場合もあります。BGは抗菌性があるので、30百分率程度の濃度でキッパリバイ菌の増大が抑えられます。

たとえ、防腐のことが気になるなら、分け前をたった倍に薄めて使えばよいでしょう。ただし、このぐらいの濃度だと敏感表皮の方には刺激を解るかもしれません。その場合は薄めて使ってください。

4. BGの手の内

まれにBGが肌に合わない方もおられます。その場合は遠慮なく、掲示板で買い方を探してください。なお、お使いのコスメティックの製造事情にBGって記載されていたら、BGが配合されているので、そのコスメティックで不都合がなければ、BGを通じても大丈夫だと判断できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です