シクロペンタシロキサン

アテニア

環状シリコーンの一種で、揮発性シリコーンとも呼ばれている揮発性のある無色無臭の液体だ。

揮発性というのは、常温も(気温を上げないも)蒸発するにてで、さっぱりして使い勝手が嬉しく、油なのに共に蒸発する系統のシリコーン油のことです。

溶剤として混ざったクリームなどの中で、シクロペンタシロキサンが蒸発するって皮膜が形成され、形成された皮膜は水をはじく撥水性や潤滑性に優れています。

そのため、トリートメントなど毛収入製品に使うと、毛のツヤがでたり、くしコースがよくなりますし、美味しい撥水性を理由にウォータープルーフ系の日焼け止めにも性格されます。

また、撥水性を高めて化粧敗戦を防止したり、気分の親身さや伸展をよくするなどの目的でファンデーションなどのメーキャップコスメティックに性格されます。

シクロペンタシロキサンの毒性(安心)について

シクロペンタシロキサンは、少々スキンに心痛やジレンマのある案件で、アトピー性素肌炎や乾燥肌や肌荒れなどスキンの不都合威力が弱って昇る人物はそういった案件が入っている方法の練習は遠退けるのがおすすめです。

対象までにコスメティックス毒性良否事典によると、シクロペンタシロキサンの毒性は■(?1)となっており、毒性ありという良否だ。

?1 毒性良否事典の毒性まわりは「毒性零」「△」「■」「■■」となっており、■が多いほど毒性が荒々しいという目安になり、方法の毒性内容の全部が■4つ上記なら解離といった判断されます。

他の案件との釣り合いもありますが、肌荒れを欠ける健康なスキンという当たり前で、アウトドア練習などで太陽中日差しを浴びる理念、汗で日焼け止めが流れてしまっても徹頭徹尾オン治すのはテクニカルではないと思います。

そういった状況なら、タフスキンに負担がかかってもUVをもっと考えるよりは簡単だというセンスでウォータープルーフ(シクロペンタシロキサン性格)の日焼け止めをつけることはテクニカルです。

肌荒れを抱えていたり、スキンが心痛に敏感な人物は、シクロペンタシロキサンが配合されていない(ウォータープルーフでない)日焼け止めのほうがスキンに心痛が少なくなり安心して使える可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です